[TD4] CPUの設計

移転前のサイトからの転記です。日付は当時のものを使用しています。文言などは若干修正を入れています(7年前なので表現が若くて恥ずかしい……一部修正済み)。


TD4関連記事は4bit-CPU TD4で管理しています。


ワイルドスピード スカイミッションを見ながらゴリゴリとレイアウト設計……していたら以下の通り完成しました。構成要素別に記事にするつもりでしたが、手が止まらずに最後まで引いてしまいました。まず紙にざーっと描いてからPasSで引くとやり易いです。

上記レイアウトの注意点は以下です。

  • 一部バスで描いていること
  • 見易さから配線が交差するところは配線色を変えていること
  • 74HC154のIC内に引いた赤の配線は4bit DIPスイッチに入ること

見ての通り、やはり基板に余裕が無かったです。もっと上手いレイアウトがあると思いますが、それはおいおい勉強とします。またパターンを引いていたら抵抗やコンデンサ、ICソケット等が足りないことに気付きました。こういうときは部品屋さんが近いと楽です。今日から実装開始します。

そして大分脱線しますが、ワイルドスピード素晴らしかったです。ライカン ハイパースポーツというスーパーカーがめちゃくちゃ格好いいです。ヴェイロンも普通に乗り回してましたし、作品を追う毎に豪華になっていきますね。

自分はこのシリーズがかなり好きなのですが、スカイミッションは映画館に行けませんでした。制作中に主演のポール・ウォーカーが亡くなったと聞いて、彼の遺作だということを信じたくありませんでした。もうメンバーが全員揃うことがないと思うとやるせないです。本作に収録されていたポールの追悼ビデオが胸に響きました。


created by Rinker
¥3,080 (2024/05/19 00:15:56時点 楽天市場調べ-詳細)